テレフォンセックスでは受け身よりも積極的にするべき理由

テレフォンセックスでは受け身よりも積極的にするべき理由

テレフォンセックスでは受け身よりも積極的にするべき理由

 

テレフォンセックスでは受け身よりも積極的にするべき理由

 

テレフォンセックスは相手とのやり取りをすることで成り立っていますよね。

 

ですからどちらもMだとプレイが進まないということになります。Sの場合も同じでどちらも攻めたいんだという場合は全く噛み合わずに上手くいきません。

 

テレフォンセックスをする女性ってどんな人が多いんでしょうか。そしてその女性はどんなプレイを求めているのでしょうか。

 

この部分を検証していくとテレフォンセックスで男性がするべき行動スタイルが見えてきます。

 

どんな女性がテレフォンセックスしているのか?

 

まずはどんな女性がテレフォンセックスをしているのかですが、一言で言うと何かしらのストレスが溜まっている女性です。

 

仕事柄ストレスのたまりやすい看護師、会社を経営している女社長がダントツに多く見受けられますね。看護師さんもみんなをまとめ上げる上司レベルの女性です。

 

どちらも常に気を張って部下の面倒をみながら自分の仕事ももこなしていて超多忙で、ある時は部下を叱ったり、あえて厳しくしないといけないなど。部下からすると怖くて苦手なんて思われている、超ドSな存在として仕事をしている女性たちです。

 

なぜ偉い人が多い?

 

女社長や看護師の上司など社会的地位の高い女性がテレフォンセックスに入り浸るのは地位が高いからこそのストレスが起因しているからです。

 

少し触れましたが、地位が高いとどうしても部下を叱るなど、あえて嫌われ役を買って出なければならないことがあります。

 

それが連日続くことももちろんあるわけで、その時に現場は相当雰囲気の悪い環境にあります。

 

そんな時に、飲み歩いてストレス発散なんてできますか?酔っぱらって誰かといちゃついたりしている所をもし部下にその姿を見られたら全く説得力がありませんから遊び歩いてストレスを発散することができないのです。

 

これが逆に怒られた側の部下ならやけ酒などで憂さ晴らしして次から切り替えて頑張ろうとなるのですが、怒る側がそれをやったら「あいつなんやねん!」となりますからね。

 

お酒を飲むにしても自宅で飲むだけでストレス発散はできませんから、やはり誰かと繋がりたくなるもの。

 

そんな時に利用するのが、話し相手となる人がいてお酒も飲めるテレフォンセックス番組が打ってつけ!なのです。

 

普段怒る側の女性がテレフォンセックスをすると?

 

好きで嫌われ役を担っているわけではないので尋常じゃないくらいのストレスを受けながら仕事をしているので、その溜まったストレスを発散するには普通のエッチな会話では発散できないので、普段とは逆の行動で思いっきり憂さ晴らしをするという行動にでます。

 

簡単にいうと、

 

怒る側から怒られる側になりたい。

 

これをエッチに表現を変えると、

 

SからMになりたい。

 

ということになります。

 

つまりは、積極的に攻めていじめてほしい。という願望をもってテレフォンセックスをしている。ということです。

 

テレフォンセックスをしたことがある男性ならピンときませんか?

 

そういえば変態な言葉を嬉しがったり、一風変わった変態プレイをすると意外と喜んでくれているなということに。

 

あまりドSに攻めてやりたい!という女性を見かけないのもこれが理由です。(SM系テレフォンセックスは除く)

 

女社長やナースのお話ばかりしましたが、これは主婦でも保育士でもストレスの溜まる生き方をしている女性は全て当てはまりますね。

 

これが変態プレイがマニアックながらもこの世に存在し続けている理由です。

 

テレフォンセックスでは受け身よりも積極的にするべき理由まとめ

 

以上のことが理由で女性はSよりもMになってテレフォンセックスをしたいと思っています。

 

ですので、女性を積極的に攻めてやりたい!という気持ちでテレフォンセックスのプレイに徹することで女性から気に入ってもらえて今まで以上に相性の良いテレフォンセックスができ、それと同時に一生お付き合いするレベルのテレフォンセックスパートナーができることもあるでしょう。

 

トップへ戻る